東野圭吾に夢中である。

ボクは25年間生きてきてこれほどまでに本を読むことがあっただろうか?もともと読書はボクの興味を引くものではなかった。小中学校の時の読書感想文は頭が痛くなるほど嫌いだったし、高校・大学の時には歴史的に有名な文学を読んでみたが、さっぱり頭に入ってこなかったし、読書に対してはあまりいい思い出がない。読書好きの友達でもいれば、影響されていたかもしれないが、そのような友達も周りにおらず読書は遠い存在だった。

学生を卒業し、会社で働き出すと、娯楽の時間が極端に減る。ゴールデンタイムのテレビなんかは絶対見れず、遅く帰っても何かちょっと仕事以外のことをやりたくなる。そんな中でちょっと本でも読んでみようかなぁという思いに駆られるようになった。自分の好きな時間に好きな時間だけ読むことができるのでちょうどいいと思ったから。

ある休日に本屋に行ってみると、平積みされている文庫本に『東野圭吾』の名前が多く並んでいた。東野圭吾といえば実家に置いてあった『怪笑小説』が思い出されたが、並んでいる本はミステリーが多いんやと改めて認識した。あまりに多くあるからどれにするか迷ったが、帯のキャッチコピーに惹かれて『宿命』を手に取った。ミステリーは初めてだったので、最初は登場人物の多さに戸惑ったが、次に何が起こるかこちらに想像させる展開にワクワクしながら読めた。
物語の構成の緻密さと読者に次の想像を掻き立てる展開が本当にすごい。
これが東野ワールドなんだなぁと思った。

ボクはもっと早くこの作家に出会ってれば良かった。読書がこんなに楽しいなんて思ってもいなかったから。今日も深夜まで『パラレルワールド・ラブストーリー』読みふけってしまった。新しい娯楽を見つけてしまったボクは、これからしばらく寝不足が続きそう…。
[PR]
# by camarero_11 | 2008-12-10 03:33 | たわごと

ドリームシアター

みなさんこの3連休はどのようにお過ごしでしたでしょうか?

ボクは残念ながら特に予定もなかったので、ただベッドに横たわり続けてました。寝るのが好きなボクは、良く寝ることで知られていて、今のところの最高記録は28時間。金曜日の夜に寝て、ベッドから起き上がったのが日曜日の早朝。その間5度寝ぐらい。
え、病気って!?んー大丈夫、その他は普通の生活なので。寝起きはもともとかなり悪いです。2度寝なんかは毎日必須だもんね。だからいつもわざと1時間ぐらい早めに目覚ましをかけて、ホントに起きる時間にもまた鳴るもんね。
でもまさか社会人になって、目覚めのわるいことをいいことにそこまで寝るようになるとは思ってもいなかったです。平日は毎日遅い時間に帰っているのが原因かと思います。ちくしょー。10時間ぐらいならいつでも寝れますが、12時間を超えるとなると下のような条件が必要になってきます。

・次の日の予定が何もないこと
・仕事に疲れきっていること
・ちょっとした孤独感

この3連休はばっちりでしたね。おかげで今回は20時間ほど寝れました。結局記録は出ませんでしたが。。
でもそれほど長く寝るとすごいことが起こるんです。見たい夢が見れる様になるんです。何度か目が覚めるたびに、見たい夢をイメージしてまた目をつぶるとそれが夢に出てくるのです。一瞬現実かと思うくらい鮮明な夢が見れるんです。
上のようなことを会社の先輩に話してたら、いつの間にかボクは「ドリームシアター」って呼ばれるようになりました。

以上、たわごとでした。
[PR]
# by camarero_11 | 2008-11-04 00:52 | たわごと

若者の離職について

最近メディアで、若者の離職についてよく報道されているように思う。

今日の夜のニュースZEROでたまたま「3年以内の離職をいかに防ぐか」という面白い特集をやっていた。ある人材コンサルティング会社の話で、3年以内の離職率は以前までは40%を超えていたが、『里親制度』を導入してから7%まで下がったというのである。
どんな制度かと言えば、1年目の社員に対して、里兄(2年目の社員)、里親(3年目の社員)をつけて、仕事の悩みをトコトン聞いてあげて、前向きに仕事に取り組むことができるようにしてあげるというものである。

会社の制度としてこのようなものまで用意しているとは、正直すごい時代になってきていると思った。ゲストの星野前監督も、昔なら考えられん!と、かなり微妙な表情をしていた。社会人1年目というのは、何の仕事をやるにしても初めてだし、失敗するのは当たり前で、失敗すれば当然怒られる。そうやって怒られてばかりいれば、仕事のモチベーションが下がり、次第に仕事をやりたくなくなり、結局辞めてしまうという結果になるのだろう。

でも、普通の人間関係があれば、そうなってしまう前に先輩が相談に乗ってくれたり、同期が支えてくれたりするものだ。離職率の低い職場は自然に里親制度が出来上がっているのかも知れない。
今俺が働いている職場は人間関係はすごく良い。俺が辞めずに働いているのも、その環境のおかげと言って良い。俺の教育係についた先輩はすごく厳しくて、俺は怒鳴られない日はないというぐらい毎日怒られていた。もちろん凹みまくりの毎日だったが、周りからは温かい言葉やフォローの言葉をいっぱいもらっていた。俺はそのメッセージをもらうたびに、涙がこぼれ落ちそうになっていたが、自分の席で泣く訳にはいかないので、必死にこらえながら仕事を続けた。
ごくごく基本的なことで怒られている自分に対する情けなさと、みんなの温かい気持ちを真正面から受け止めていたので、複雑な気持ちで一杯だった。いろんな気持ちが入り混じっていたなぁ。怒り、悲しみ、逃避したい気持ち、申し訳ない気持ち…。
っとちょっと脱線してしまったが、今思えば今の職場は里親制度が自然にできているものだと思う。
だから、わざわざ会社がそのような制度を作ってまで、半分プライベートの領域までも管理しなくてはならなくなっているのはちょっと変な世の中だなぁ、て思う。今の時代の人間関係ってそんなに希薄になのか!?

改めて周りの友達や同期を見ると確かに3年以内に辞めている人は多い。
久しぶりに会った地元の友達も1年以内に辞めることを決めているし、今期が終わるころには同期があと数人辞めるだろう。自分の周りで報道と同じことが起こっているので、今回のニュースはとても気になったのだ。
[PR]
# by camarero_11 | 2008-10-15 01:04 | 気になるニュース

何を考えているのかを考える

今頭がさえている。
今日も14時間ほど働いて、明日もいつもどおり出社。
いろいろな思いが頭の中に浮かぶ。でもすぐ消えていくんやけど。
明日の仕事のことお客さんとのアポイントのこと、近い将来のこと、遠い将来のこと、本当にやりたいこと、交友関係のこと、木曜に行くライブのこと、週末の予定のこと、年末年始のこと…
ちっちゃいことからおっきなことまで、頭のなかで渦巻いている。

忙しい中で最近ひとつ気づいたことは、気持ちの持ちようでなんでもやっていけるということ。
気が滅入ってしまうと、何も出来なくなる。めんどくさいって思ってしまったら、今の仕事はやっていけない。
平日のモチベーションをいかに高く保っていくか、これが今の俺に必要なことだ。
単純作業の繰り返しではないけども、毎日同じような仕事をしていれば、頭を使わなくなってくる。もっとクリエイティブなことを取り入れていかなければ!
小さなことでもいいから新しいことを日々の仕事の中で出していかないと!

もうすぐまる2年。社会人になってから。早いもんだ~
[PR]
# by camarero_11 | 2007-12-12 02:11

音楽をむさぼってたら朝になっちゃった

まだ水曜ですよ。
昨日も終電で帰って、そこからすぐに寝るわけでもなく、パソコンに入っている音楽を久しぶりに聴きまくってた。
そしたらいつの間にか朝!ぜんぜん爽やかじゃない朝がやって来たー!

意味もなく徹夜。うーん、彼女がいなくて時間を持て余しているひまーな学生みたい(笑)
頭がおかしくなっちゃったかな。なっちゃった。なってるな!

気分がハイなうちに、今日はいつもより3時間くらい早く出社することにします。
やること盛り沢山過ぎて、はたして眠気と時間に追われるのに絶えれるだろうか。
早く帰れることを願って頑張ることにします。
[PR]
# by camarero_11 | 2007-11-07 04:56 | たわごと

付き合って考えたこと


俺は少なくとも好きやった。彼女に合わせたいと思ったし、彼女を理解しようとした。
でも、彼女は自分をさらけ出してくることはあまりなかった。
俺は最初だけだろうと思っていたけど、時間が経つにつれて余計に距離が離れていく感じがしていた。
実際に俺の気持ちは彼女には届いていなかったのかもしれない。
最近、久しぶりに昔のバイトの先輩と飲む機会があって、そのことについていろいろと話した。
付き合うということについて。最初はどっちかがどっちかを好きになって、思いを伝えて、相手はこの人なら好きになるかなぁ、または、いいかもなぁて思って付き合い始める。
3ヶ月がひとつの壁って言われるのも、互いの考え方や価値観の違いがわかって来る時期で、相手が本当にこの人でいいのかぁとジャッジするポイントなんだなぁと理解できた。
その先輩も3ヶ月で別れてた。俺と共通点が多すぎて笑える。
一緒の時期に付き合い始めて、一緒の時期に別れてる。

つらいと思ったのは、付き合っているのに片思い。そのことで怒るのもどうかと思い、ズバっといえなかった俺に対して彼女から別れの話をされたときは、ショックと同時に解放されたという気分になった。
何に対してショックやったかというと、彼女彼氏の関係がなくなるという事実に対して。たとえ表面的な関係やったとしても。
最後のメールで、ありがとう的な内容を送ったけども、彼女からは返信はなかった。
そらそうやな。自分が偽善者みたいで、ちょっと情けなくなった。

はじめて女の子と付き合ったことでいろいろ考えることができた。
まったく後ろ向きの考えはなくて、むしろ前向きになった。
これから、まだまだ色んなことを経験しないと。
[PR]
# by camarero_11 | 2007-11-01 01:32 | たわごと

楽しかった時間も終わり

ふられたー。
ふられちゃったよ。突然の電話やったけども、突然って言う感じではなかったなぁ。何となく感じてたよ俺は。
もっと一緒に居たかったけど、彼女が居たくないて言うなら無理強いはしない。だって恋愛はお互いのエゴやし、自分勝手なもんやもん。会いたかったら会いたい、会いたくなかったら会いたくない。そうやけど、そうやけども…わかってるけど切ないなぁ。
3か月前、俺は初めて彼女が出来たということで確実に舞い上がってたわ。少なくとも、今まで彼女がいなかったことへのコンプレックスはなくなった。恋愛に対する自信を持てたことは一番大きかった。だって今までは、一方通行の恋しかしたことなかったから。そして、見事砕け散るパターン。モテない奴の王道ですな。
そんな俺の気持ちを受け止めてくれた彼女を、本当に大事にしようと思ったわけで、時間が経つにつれてますます惹かれていったよ。
買い物したり、ドライブにいったり、旅行にいったり、家でまったり過ごしたり、何気ない出来ごとが新鮮で楽しかったなぁ。そんな思い出ももう作れない…思い出したら悲しくなって来たからもうこのへんで。。
[PR]
# by camarero_11 | 2007-10-23 01:49

ダメダメ

シスアド、3度目の挑戦。

今までと同じくほとんど勉強しないまま今日を迎えてしまった。社会人って勉強する時間を確保するのが難しい…自己管理が甘いといえばそれまでで、自分が悪い。昨日は時間はあった。あったが、1日ベットの中で現実逃避をし、勉強する気分にはならなかった。


あ~いけてないなぁ俺。たぶん落ちた。

仕事、プライベート、恋愛、すべてにおいてマイナスだ。悪い流れに陥ってるから、どっかで抜け出さないと…
[PR]
# by camarero_11 | 2007-10-21 16:31

嫌な気分

俺から今の気持ちを言おうと思ったのに、相手から言われた。

しかも、久しぶりにかかってきた電話で。
内容は、別れよう。それだけ。
相手の俺に対する気持ちは何も言ってこない。決めた結果だけを言ってきた。
なんで?こんなに突然?いつからそう思ってた?いろんななんで?が浮かんできた。
でも…そんなの理由にならん!もっとはっきり言えよ!

相手の誕生日からちょうど2週間後。
楽しそうにしてたのとは反対に頭の中では違うことを考えていたのだろうか?いろんな嫌な考えが頭の中をよぎっている。

試験前にそんなこと言うなよ。おかげでまったく何も手に付かなくなってしまった。
仕事も試験も生活も何もかもめんどくさい。。
[PR]
# by camarero_11 | 2007-10-21 02:36 | モヤモヤ…

100個の夢

北海道にスノーボードをしに行く。
海外(アラスカ、カナダ、スイス)でスノーボードをする!
海外のプロスノーボーダーと会話をする!
ヘリスノーボードをやってみる。
バックカントリーでパウダースノーを楽しむ。
バッチテストを受けて、スノーボードのレベルをもっと上げる。
インストラクターの資格をとって、もっとスノーボードの楽しさをみんなに広める。
スキー場が近い地域に住み、ペンションを経営し、冬はスノーボードを楽しむ。
スノーボードメーカーで働く。
バートンで働く!
サロモンで働く!

インターネットに関わる仕事をする。
ウェブデザイナーになる。
働く時間、働く場所にこだわらない仕事をする。
誰が見てもかっこいいホームページを作る。
誰もが使いやすいホームページを作る。
誰もがすごいと思うWEBサービスを作る。
テレビ、新聞、雑誌に次ぐ重要なメディアとなるインターネット業界で一旗上げる。
写真の腕をもっと上げる。
一眼レフを買う。
写真で人を感動させたい。
日本中を旅して、まだまだ知らない日本のいいところを写真を通じて、人々に伝えてみたい。
写真を通じて多くの人とコミュニケーションを取りたい。

自分の好きなこと・やりたいことを貫き通す信念を持つ。
自分の中で、ぶれない軸を1本持つ。
より多くの人の意見を聞き、自分にはなかった考え方を吸収していく。

料理をもっと極める。
管理栄養士の資格をとって、人々の食生活のアドバイスをしたい。
料理のレパートリーをもっと増やす。
誰もがおいしいといわれる料理を作れるようにする。
地元滋賀で、栄養士として地域貢献。

世の中のお金の動きをもっと知って、お金のためには働かない。
脱サラ!

47都道府県を旅行する。
色んな人との出会いを楽しむ。

車を買う。

(続く…)
[PR]
# by camarero_11 | 2007-10-15 02:15 | たわごと